2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2011.05.30 (Mon)

ワンピース第626話感想

新しい職場も少しずつ慣れてきて
(ケアレスミスキングに、おれはなってる!!!)
久しぶりのワンピース、第626話「ネプチューン3兄弟」の感想です。

ああ表紙!!!!!!
うおおおおおおお!巻頭カラーじゃないのに表紙!!

【More・・・】

余談ですが、いつもちっこい個人商店から買ってるので
ONEPIECEが巻頭カラーの時は2冊、そうでないときは1冊。
(カレンダーとかスペシャルな付録がついてる時は2~5冊と)
非常にランダムな買い方をしてるので
行くと毎週、店主のじっちゃんに「今週は一冊でいいのか」と訊かれます。
「すみません、今週は1冊で・・・」なんか気まずい。

「このキャラが巻頭カラーのときは2冊なんだ!」

と熱く説明したいんですが、巻頭カラーとかキャラとか言い出しても
ますます意味不明でご迷惑をかけてしまうだけなので、なんとも。
ジャンプを買うのも難しい。



なかみなかみ!!!



パティ!!
髪の毛生えてる!!!
よかったね!!!!!!!!!




(一部映像が乱れました。下記以降状況復旧し、正常に動作しております)



麦わら一味が深海に行ってる間に
サンジの故郷バラティエ。すっかりこっちも深海らしく・・・

海上レストランが海中レストランもかねて、綺麗で良いですねー。
魚見ながら、魚食うのかー。
(実際は「デザート専用スペースっぽいけど」)
牧場見学の後ジンギスカン食った修学旅行を思い出すtonight。

それにしてもゼフだけでなく、パティも単品で表紙を飾るとは…
来週はカルゴ??
今回の扉絵シリーズ"世界の甲板から"は、細かく細かく
ストーリーをなぞってキャラを全部拾ってくれて、本当に嬉しいです。

個人的に大ヒットは、いまのところダントツで「ダダン一家」!!!
プードルのおっさんシュシュの表紙です。
シュシュが麦わら帽子をかぶってるのがいい。
本当にいい。

あとは、ガイモンのおっさん
ブッチャが「箱の分際で、彼女とか…」と大変憤慨しておりましたので
「あの状態じゃセ●●スできないだろうし、いいじゃないか」と慰めたら
「下品!!!」とひどくしかられました。
管理人が悪かったのでしょうか…。



変な足と顔と顔と喋り方のバンダーデッケンが
しらほし姫と結婚したい本当の理由は、
彼女の"海王類を操れる能力"がほしいため。

不純かよ!!!!


振られろ!!!!
ばーか!!!!!!!!(もうフラれてる)
バーカバーカ!

管理人は信じていました…
10年もの長き愛、求婚の日々は、彼の熱いLOVEゆえだと…
信じていたのに!
バンダーデッケンにはつくづくがっかりです。


ところで今週出てきた新キーワード
"玉手箱"


・デッケンは急いで姫と結婚したい
 ↓
・結婚するためには姫が相応の年齢でなくてはならない
 ↓
・玉手箱が必要
 ↓
・玉手箱を手に入れるために竜宮城へ入りたい
 ↓
・結婚すれば自由に出入りできる
 ↓
・よしプロポーズだ





デッケンのせいで、管理人の思考までおかしくなってきたのか…?


なんか……おかしくね…?


まあ・・・いい。

招待状を書くときの「あ………友達いねェ」が切ない。
悪行の5割を許したくなる切なさ。
626-3.gif




それにしても先週の…
天竜人にオトヒメが着いていった時は、本当に肝が冷えました。
(家に帰ってからPCを開く時間がなかなかとれず
 感想をしばらく書けませんでしたが、ホント入り込んで読んでました)

もう生きては帰ってこないかと…
売られるか、見せしめに殺されるか、奴隷にされて生き地獄をみるか…

人間に捕まって鬼になったタイガー・フィッシャーの胸の内を見た
その彼女が、笑顔で、単身、人間に着いて行くという。
しかも人間の中でも最悪中の最悪の、天竜人と。
第624~5話は、ぞっとするほどの想いで読んでいましたONEPIECE。


アメリカのニューヨーク科学博物館には、「地上で最も凶暴な動物」と表示された陳列物が置いてあるといいます。なんとそこに飾られているのは鏡。したがって地上で最も凶暴な動物とは、鏡の前に立った自分自身、つまり人間ということになります。
参照:http://eishouji.com/houwa/003.htm


天竜人を糾弾しようとする魚人たちを止めるオトヒメの一言が
スゲー!!!と思いました。
「子供が見ています」
言われてみると、
これ以上の言葉はないだろうという、絶妙さと説得力。
尾田先生のセリフ力が半端ない…。
ぞくぞくしました。尾田先生に!!!

地上で天竜人とどんな会談をし、あの一筆を得たのかは、想像もできず。
しかしあの卑怯で俗悪で凄惨な天竜人なので
陰謀も企みも凄いものがありそうで…怖過ぎる。
オトヒメも馬鹿じゃないので、それをわかっているに違いない。

それでも!!!!
あの一筆をたよりに共存ある世界を目指したかった。
七年間の努力の時を経て、その一歩が垣間見えた。
よかった・・・

『何より国民達は オトヒメという人物が好きなのだ』

この一文に救われた想い。





今週、ONEPIECE第626話 
管理人に電流走る


「この王家の言い伝えによると…
 "数百年に一人"………!!
 あの海王類と心を通じ合わせられる人魚が
 誕生するというのです」


数百年に一人の人魚=しらほし姫

そして





「海王類と話せる人魚…
 つまりしらほしの元にはいつか
 その力を正しく導くものが現れ
 そしてその時世界には大きな変化が訪れる…!!
 という言い伝え」








  そのもの 赤き衣をまといて タイヨウの下昇り立つべし










ィ。








つまり…
マダムシャーリーの
"ルフィによって魚人島は滅ぼされる"という予言も。

全ては、ここに







おお



ある国では、こんな言い伝えがありました。
"島が再び歌えば 戦いは終焉する"

400年の間続いた、戦争と誤解と夢と友情を
鐘を鳴らし
言い伝えを真実にして
幾千もの命を、島を国を救った、海賊の一味がいました。


魚人島はいつからあるのでしょうか。
500年?600年?
もしや失われた歴史の変わり目、800年・・・?


ふおおおお
おおおおおおおおお
おおおおおおおおおおおおお






言い伝えあるところに
"麦わらの一味"あり



母親の言いつけどおり、妹を守ろうと決意する兄3人が偉い。
母親の愛が妹に偏ってると、嫉妬しなくて偉いなー
オトヒメの日々の愛情表現がきちんと平等に行き届いてるんだろうな。
いいカーチャンだ・・・




うう…
こんな悲しい由来があったとはつゆしらず
609話で次男と三男アホだーと思ってすみませんでした…。


626-6.gif

しらほしとルフィが受け継ぐその遺志!!!!
待ってろ!!!!!!!



たった今愛する母親が殺されたのに笑顔をつくれる
3兄弟がすごすぎるんですが・・・

仮に自分なら。
殺人犯への全身焼き尽くすような憎しみと、母を失った悲しみで
絶対に無理でござる。

憎しみを捨てられるって、ものすごい"強さ"だと個人的に思います。



せっかく集めた署名を焼いて…騒ぎを起こしオトヒメを殺した犯人は
素直に考えればバンダーデッケン??
もしや天竜人の手先かなーと一瞬思いましたが
それにしては騒ぎに応じてしっかり姫に触っているので
やはりデッケン???
でもなんだか、オトヒメは善い人ゆえ、敵が多すぎて、誰が犯人なのやら…。

・デッケンが姫を狙うようになり甲殻塔に逃げ込み
・ジンベエの決意
・天竜人との契約の行方

残す魚人島の過去編は、来週~再来週までくらいでしょうか。

ああ…来週が、というかすでに魚人編のラストまでが気になって仕方ありません。


アマゾンリリーやシャボンディから気になっていた
人間と魚人の差別問題を引き継ぎ
魚人島の歴史ときて
数百年に一人の能力を持った姫ときて
それを導く人物の言い伝え ときて
そのとき世界が変わる

と!!!!!!!


魚人島編、
やばい。




シャボンディから、アマゾンリリーの蛇姫の過去話から、ゴア王国から
ずっとずっと嫌だった"差別問題"
シャボンディ諸島で、ルフィ達がかっこよく解決してくれー!!!!
と思っていた奴隷問題!!!!

これが・・・ ここにきて。


変わるのか。変わるのか。
世界が、変わるのか。

早く、ナウシカ終盤のオオババ様のように
「言い伝えはまことであった…!!!」と泣き崩れ
五体投地さえしたくなってきたこの頃、

ONEPIECE第626話、「ネプチューン3兄弟」の感想を終わります!
いいサブタイトル!!!


23:23 ワンピース感想

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosenabehittosan.blog119.fc2.com/tb.php/1009-269631b7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。