2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2008.12.21 (Sun)

篤姫 総感想

・ジャンプのワンピースが相変わらず面白くて面白くて
 世界観とか監獄の細部にわたる設計とか…すごいいいぃいい!
 先週(先々週?)、バギー船長も捕まってると読んだ時は
 「え、なぜにここでバギー?」と思うくらいだったのですが
 実際にルフィと喋って漫才してツインテ見て共同戦線みてしまうと楽しすぎて楽しすぎて。
 お正月の休刊が待ちきれないです。

話が変わって、先週最終回を迎えた篤姫。
最終回はもちょっと盛り上げて欲しかった…という勿体無さが少しあるものの
一年間素晴らしいドラマが観られて幸せでした。
以下、無駄に長いですが、好きなシーンなど。
・薩摩の財政難を救うため、違法行為の抜け荷や偽金作りをし
 幕府に行為が露見すると全ての罪を被って服毒死した家老調所さま
・斉彬家の養女になることが決まり、乳母の菊本が自害した
・於一が斉彬の養女になり篤姫になり、親兄弟を名前で呼びつけなくてはならない。
 親は娘を姫と呼ばなくてはならない
 尚五郎との対面で泣き出し、対面中断。後日両親と最後の水入らずに涙
・英姫が初めて心開いて、篤姫に疱瘡を患った素顔を見せた
・庭で橋から落ちそうになった篤姫を抱きとめてくれた上様が
 一瞬知性のある目つきをみせ、どきどき
・本寿院たちが上様に気にいられるよう篤姫を飾り立てるシーン(かわいい!)
・大久保が、貧窮の中母親が用意してくれた立派な着物をきて偉い人に会うものの
 肝心な話の場面で「席をはずせ」といわ、拳を噛んで悔しさに震えるシーン
・臥所で「なぜうつけのふりなど」と問い詰める篤姫に対して
 上様が「兄弟全員毒殺され、自分も何度も毒を盛られ体はボロボロ
 わし一人を残しても、諸外国が開国を迫るこの乱世はどうにもできない
 ならばせめてそれら全てを笑い飛ばし、天にわからせてやりたかった!」
 うつけの真似でもしなければ、生きてられぬ身の凄惨を慟哭したシーン。衝撃でした
・上様が周りに邪魔され会えなくされた篤姫のところに乗り込んでくるシーン(悶死)
・篤姫に出会って、初めて徳川家を残したいと思った家族を護るために。と言った上様
・「そなたが呪い殺したのであろう」と花で篤姫を殴りつける本寿院さま。切なかった
・あれだけ憎らしかった井伊直弼との茶室での会話→桜田門外の変で、もう大好きに…
・『さらば幾島』の回 篤姫に婚礼の日の内掛けを羽織ってもらって
 「あの時の篤姫様がいらっしゃいます」 ああああああああああ・・・(涙)
・勝海舟役の北大路欣也さんのすごさを今ごろ知る
・寺田屋事件の詳細を初めてちゃんと知りました。薩摩の信頼のためを考え
 斬られることを覚悟でというのは史実?フィクション?ちゃんと調べます。
・「大奥は私が護る」と大勢を前にして告げた篤姫のなんとかっこよかったことか
・幾島との再会
・「天を徳川を滅ぼせと申したのか」
・江戸城がいよいよ攻め落とされそうになり、篤姫が希望を見出し
 本寿院に「今日はお酒を飲んでいいですよ」と告げ
 その時は喜んだものの、帰りの廊下で泣き崩れる本寿院さま
・「ひたむきに生きよ御台」
  
収拾つかなくなってきた。全部全部すきでした。
23:03 ワンピース感想

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosenabehittosan.blog119.fc2.com/tb.php/434-eeab6eb6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。