2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2007.07.25 (Wed)

祖父実家のおまつり

 *ワンピース10周年祝*
 
10年間ありがとうございます。
 ルフィを見て受験勉強のパワーもらったり、
 親に無茶言ってジェンフェス連れていてもらったり、何年も前のような昨日のような。
 チビだった私も今年社会人になりました。早いです。
 ジャンプの表紙の金ピカがすてき。第一話のあのカットの使用がもっとすてきです。
 見開き巻頭カラー、サンジのスネ毛がナイスでした。
 これからも頑張って下さい尾田先生。

・アカギオフ本のネームしてます。
 桃太郎電鉄をしながらボコボコにされる幸雄ばかりかいてます。



     毎年7/23、祖父のお寺で、幸雄の釜茹であやしいまつりをやっています。
変な密教とかでなく確か浄土宗のはず。
年の一度の見世物みたいな感じ。
私も両親も特に信心などはないので面白おかしく見物だけしています。

【More・・・】

まず、昼から鉄釜に火を炊きます。
メラメラ。
(設営は地元青年団のみなさん)



+         +         +

全国のどこかで修行していたお坊さん達が、
ぼちぼちお寺に集まり始め、石炭を燃やしたり刀を研いだりします。
司会担当の祖父は、年中普通に暮らしていますが
この方達はどこかで日々修行しているのか?未だにわかりません…



+         +         +

薄暗くなってきた18時半ころ、
正装し、ほら貝をふきながら境内をねり歩きながらやってきます。
 

070723_1837.jpg

挨拶とお祭りの説明。
日露戦争ころ、なので100年以上前から続く戦勝祈願の火祭りです。
空海が打ち立てた真言宗の『行』を執り行います。
中央では護摩を焚いて、お客さんの手荷物を煙にあて、邪を払います。
たくさんの方がかばんやお財布などを煙にあてていきます。

e56ccfbb.jpg
火の神様に今年も宜しくとご挨拶。
 
まず、見物人に刀を振り回す『行』
(毎年、目釘が心配)
 
危ない行の前に、全員で般若心経を唱えます。
 
護摩、鉄釜に一年分の御札やご供物を燃やしてもらい、火力UP。


火の中から素手で焼けている鎌を取り出す鎌の業です。

次いで『松明の行』。
咥え一本、両手に2本。うさぎ跳びの容量で一歩一歩会場を一周します。
着物の中、袖の下をくぐらせたりします。
背に炎を抱く、不動明王さまを表しています。



いよいよ危ない『行』に進むので
安全祈願…。



火を炊いていた鉄鎌の中に入ります。
枯れ木をくべ、轟々と燃やします。
出た後は鉄釜を素手で持ち上げ会場を練り歩きます。
割れんばかりの拍手喝采。
(釜に入った2人のお坊さんは、このあとダッシュで水シャワーを浴びに行きます)


+      +      +

最後は見物人の方に参加してもらう『火渡りの行』です。
使って燃えた炭を2メートルほど敷き詰めます。


熱い!!

火を鎮めます。


渡る時は裸足になって、草履を着用してもらいます。
今年も大勢の人が渡ってました。子どもさんも多いです。







ビールで打ち上げのお坊さん達。

00:17 日記
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。