2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2007.02.04 (Sun)

豪雪注意報

ざわけっと3にいけずしょんぼり、ので「暗いところで待ち合わせ」と「どろろ」を観てきました。

【More・・・】

<暗いところで待ち合わせ>
主人公二人の演技、特に盲目の主人公役の田中麗奈が本当にすてきでした。観れてよかった。
ただミステリーものにありがちな、犯人を目の前に推理をまくし立てるのちょっとおかしい…。殺されちゃうよ!?
ラストの会話もちょっとクサ過ぎて恥ずかしいし、脚本だけ微妙だったかも。セリフが少ない映画でよかった。

<どろろ>
どろろろ!!ちょっと突っ込み所ありつつ、意外とよかった。
・戦国時代まんまではなくてファンタジーっぽい作りな感じ。世界観とか色合いが好み。荒野な感じが好き
・CGとワイヤーアクションがたまに安っぽく見えたかな?途中ウルトラマンを見ている気がしたり。
・最初馴染めなかった柴咲コウの演技も、後半は気にならなくなってました。でも太鼓はやっぱ変なような
・“どろろ”っていう名前が、最初は百鬼丸の呼び名の一つとして出てきました。
 それを柴崎コウが、自分は名前持ってないからじゃあそれにするよ、っていう。
 なんで題名が百鬼丸じゃなくどろろなんだ、っていう突っ込みをかわすため作られたその設定かしら
・声を取り戻した百鬼丸がどろろの名前を叫ぶシーンがとても好き
 旅の中で、絆を築いていく二人が切なくてちょっとキュンってする
・眼が戻るところ、よかった 淡い
・最後の展開がちょっとしつこいような。化け物になってしまったパパがまんま化け物づらでうわあって思った
 でも最後とかツノがへにゃんってなってて可愛かった
・どろろママの「すごく強くていい感じの男に出会えたら、その時は男でなく女になりなさい」←これいらない
・最後弟が城を継いでくれっていうの、変なような。殺しもしないが許しもしないで「さっさと消えろ」とか言って欲しかった
・エンドロール、ミスチルのフェイク。いきなりサビじゃなくちゃんと出だしから流して欲しかった。
 その方が絶対気持ち盛り上がると思う
・残り24体ということで、続編ありそうですね。
 どろろのお父さんがなんか首領っぽい格好してたし、お母さんが死ぬシーンも微妙にぼかしてあるし
 次はどろろの背中のがメインのお話になりそう。ちょっと楽しみ

 百鬼丸の設定は「グロイかな、子ども大丈夫かな」と思いましたが、
そういえば私があの漫画を読んだのは小学校低学年ころだったし、BJのピノコ造る話とかも
今読んでみれば「結構グロかったんだな」って思ったりだし、グロイグロくないって大人の感想なのかもしれません。

「ラッキーナンバー7」と「硫黄島からの手紙」も映画館で観ておきたいのですが、一緒に行ってくれる人がいないよ
「それでも僕はやってない」も、すっごく評判がいいですね。でも観たら凹んじゃいそうだな、どうしよう

19:13 アカギ・福本話題
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。