2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2010.01.30 (Sat)

STRONG WORLDが台湾で上映開始

さる2010年1月29日より、いよいよ待ちに待った
「ONEPIECE film STRONG WORLD」
上映が開始されました。


 IN 台湾!!!

台湾のffmuteki9さんから情報をいただいたので
STRONG WORLD(in 台湾)事情について、ご紹介させていただきます。

【More・・・】

「台湾でもSTRONG WORLDが歴史的記録を作ってた件」

・本来台湾では当初、2010/2/12開始予定だったそうですが、
日本での異例の大ヒットにより、映画代理会社が時期を早め
今月1/29からの上映開始が決定したそうです。
マジでか!

しかもすごいのは、日本の上映から間をおかず
こんなに早く台湾で上映が始まる日本アニメ映画は
今までにない前代未聞の事態だそうです。
マジでか!!
SWオフィシャルサイト。SWは全部で25館で上映される様子。
http://www.onepiece-movie-tw.ch/


・まず先だって、2010年01月26日に
台湾の映画館2館で、STRONG WORLDの試写会が上映されました。
Yahooニュース:http://tw.movie.yahoo.com/movieheadline/d/a/100128/3/iqo.html
エキサイト翻訳に突っ込んだものを、想像の範疇で修正。
細部違っててると思いますがお許しください。


今週末2010年1月29日より劇場で公開予される「ONEPIECE film STRONG WORLD」の試写会が開催されました。
おととい1月26日晩にそれぞれ台北の信義の威秀、京華の城喜の二館で上映され、大勢の観客が押し寄せました。
試写会決定のニュースは1/26日の夜に急遽発表され、現場には次から次へと
ものすごい客が押し寄せ、長蛇の列ができました。
大勢の観客に対応するため、劇場では、300人収容のスクリーンで上映予定だったものを
500人収容のスクリーンへと変更。しかし開場してたった30分ですぐに劇場が破裂寸前となり
押し寄せた大勢のファン全員が、入場することはかなわなかった。
しかしこういったトラブルを除き、上映自体は大成功をおさめた。
上映中、会場全体が大歓声をあげ、絶え間ない笑い声が途絶えなかった。
大勢のONEPIECEファンは、上映州終了後も興奮冷めやらず、
エンディング曲「fanfare」を大熱唱。歌い終わり、やっと劇場から解散した。
観客の最も目立ったのは、たくさんの親子連れで、親も一緒になって楽しんでおり
「ONEPIECE film STRONG WORLD」の人気のほどをうかがわせる。
インタビューに応じた子供は大声で「すごい面白い!」と答えた。
「ONE PIECEはこの上なく魅力的です!(更に先輩の海賊は表示に迷います:エキサイト翻訳イミフ)」
「尾田先生の意図を支持するため、上映が始まったらもう一回見なければなりません!」

「ONEPIECE」は、原作者の尾田栄一郎氏が10年以上かけ心血を注ぎ、
航海のシリーズごとに素晴らしい見どころがあるストーリー。
また素晴らしいのは漫画の連載を停止せず、全力で「STRONG WORLD」の総指揮を行い、
まさにアニメ10周年の記念すべき作品となった。
映画は細部まで練られた設定と雄大な舞台、音響効果や動画クオリティもすばらしく、
ほとんどハリウッドのアクション映画並の迫力だ。
;その主役のルフィは華麗ながらいまだかつてなかったほどの
すばらしいアクションシーンで、ファンはたまらず息を飲んだ。
現在「ONEPIECE film STRONG WORLD」の前売り券はすでに5???枚を突破!依然として売上を伸ばしている。
映画会社は更に新しい映画の前売り券を発売し、台北国際書籍展覧会の世界貿易機構の2館E220店にて販売。
展覧会の「STRONG WORLD」のブースでは。前売り券2枚購入で
尾田先生が書き下ろしの映画ポスターがプレゼントされる。
(一般販売なし、数量限定なのでお早めに!)

1/29より劇場では「麦わらメンバーの虹ペン」を「STRONG WORLD」来場者プレゼントレゼント!
皆で劇場に見に行こう!!!




STRONG WORLDは
【航海王電影版:強者天下】なんですねー
それっぽい雰囲気がバシバシ伝わってきます。

また、金獅子のシキは「獅鬼」と訳されるのだそうです。ヘェー!ヘェー!



・台湾版SWのポスター
日本とまったく同じデザインのポスターです。
かっこいい!!
映画やゲームは、海外で売り出されるとき
ポスターが丸ごと変わってしまうことが多いので、これはなにより!


※ffmutekiさんのデジカメのバッテリーが切れて
 映画館の様子の撮影ができなかったそうで
 写真は、1/27に行われた「漫画関連のイベント?」で撮影されたものとのこと。



1069747553.jpg

・ポスター横の、ルフィとチョッパー
 



・田中さん、矢尾さん、岡村さんがムービーで台湾語(北京語?)で挨拶。
声優さんの仕事スゴイ。
(山口勝平さんと田中真弓さんは台湾に来たことがあるとのこと)


1069747544.jpg 会場内モニター


・台湾での映画グッズ
1069747552.jpg
フォルダや、ノートなど。

え、ちょっと。
日本でそのマウスパッドとか、ありましたっけ・・・!!?

taiwan-maeuti.jpg
前売り券のデザインも、日本のものと違って
黒スーツに身をかためたメンバー勢ぞろいのイラスト。
いいなー!!!
そっちもかっこいいなー!
パンフなどもどうなってるのか、気になります。


以下、台湾の方のご感想。

僕は昨日アルバイトに行く前に映画を観ました。
最初に出て来るワニを見たら涙が出るほど感動した!!

ストーリー進むテンポ速くてすごい適当で、話の良さとか悪さとか、
映画を観てるときそんなのを考えることできる暇なくて、
マンガと同じ、画面が次から次へと目の前に飛ばしてすごくワクワクする。
笑える部分もいっぱい、全員大爆笑
倒置法はいい。最初で一気に観客のテンションを上げて、敵と味方の状況も一瞬でわかる。

SWはまさに「動いてるワンピマンガ」ですね、
尾田のユーモア、ファンタジー、キャラへの愛の感じられる映画。

来月また見に行く。



リピート決定乙。



海外では日本の映画館と違って、
笑うシーンでは思いきり笑って、激しいシーンではたっぷり騒いで
ワイワイ見るのが当たり前のようなので
SWみたいに楽しい映画は、場内一体になって楽しめていいだろうなーと思います。
(逆にシリアスで静かに観たい映画は、日本がいい)

マイケル・ジャクソンの映画も全員総立ちで拍手したり
踊ったりしながら見てるとかで・・・。
すごく楽しそう。



・歴代のワンピ映画ポスターなど。
1069747549.jpg




台湾でのとうとうはじまったSTRONG WORLD。
今後の映画館の客の入りなども気になります。

そもそも台湾でのワンピース人気ってどのようなもんなのか
海外では、アニメからとっつくから
クオリティの高いNARUTOやブリーチの人気が高いとききますが…

シリーズ史上最高傑作 「ONEPIECE film STRONG WORLD」
ぜひ台湾でも、大成功を納めてほしいものです。


ffmuteki9さん、よかったらまた教えてください。
たくさんの情報、本当ににありがとうございましたー!!!

18:52 ワンピ映画情報

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosenabehittosan.blog119.fc2.com/tb.php/742-25ff4954

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。