2017年03月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2010.03.08 (Mon)

ワンピース576話感想

576話。


あわわわ・・・


(キーボード。爆発しました。書きかけ編集中)

【More・・・】

白ひげが…
「義経記」武蔵野坊弁慶の立ち往生が如く
ワンピース十指、いや三指に入るかっこいいじいちゃんだったので諸行無常…
なんとも…



それにしても、まさか今わの際で
ゴール・D・ロジャーとの回想が来るとは…!!!
ドッキドキしました。

吞んでる情景が素晴らしい。滝と桜。老境の大人が2人。
漢詩にありそうな場面です。

「違う!!おれはゴール・D・ロジャー!!」

とバンバン地面をたたくロジャーがいい!

こう、ロジャーの人柄は、まだまだ
とにかく立派で凄みのある豪胆イメージが強いんですが
零話で楽しそうに戦ってたり、「おれの子を頼む」と笑ったり
少しずつ、ココロばーさんの言った
「ロジャーは大バカ野郎」のイメージ像がチラついてきました。

ルフィっぽさがいい。
すごくいい!!!


世界の隠された歴史を全て知ってるロジャーと白ひげの会話が魅力的すぎます。

知っていながら、世界中にそれを知らしめることなく
世界貴族の悪習やオハラを静かに通り過ぎ
ポーネグリフを最果てに導くのみだったロジャー。

どう見ても、今週の白ひげのセリフは

いずれルフィが、麦わらの一味が、想像もつかない
何もかもを最果てに持って行って
世界の全てをひっくりかえして何百年もの歴史さえ動かす

ロジャーにも白ひげにも
何百年もの間大勢いた"D"の人間
誰も為し得なかったことを、ルフィがすると。


白ひげが!!!!

言った!!!!!!!!!!!



箴言…




1巻でONEPIECEの世界を、ルフィ視点で見始めた最初のころは
グランドラインが一体どんな恐ろしい海なのか想像もできず
行ってみるとそれが現実になって
(クリークあれじゃ三日で退散だよね)

今度はレッドラインにたどりつくことも
まさか七武海と対峙して勝つことも、夢のまた夢のように見えて
それが航海を続けるうちに、どんどん明かされて行って
ハイレベルすぎて想像がつかなかった高みも
いつのまにか通った道になっていて

50巻を過ぎて、世界最強戦力の白ひげ海賊団や大将三人と
肩を並べて戦い(実力の差はともかく)
まるでクライマックスのような顔ぶれと状況だったのに

オハラやレイリーさんの言葉、
それを畳みかけるように今回の白ひげの台詞があって
「ONEPIECEの世界は、まだまだここから(折り返し地点)」
という実感が、今週初めて湧いてきました。

(編集中)
19:39 ワンピース感想

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosenabehittosan.blog119.fc2.com/tb.php/765-c585e4d2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。