2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2010.08.29 (Sun)

河童捕獲旅行誌 ~そうだ遠野へ行こう~

2010年8月26~29日、三泊四日の旅
岩手県遠野へ出向き、無事、カッパ捕獲許可証を取得してまいりました。

追記からカッパ捕獲旅行記です。(編集終了)

【More・・・】

旅のきっかけは、あるTV番組で、資格コレクターの芸能人の何人か登場し
特にたくさんお持ちの女性芸能人として西村知美さんが紹介され
その中に"カッパ捕獲許可証"がありました。

-そんな資格が取れるのか-


管理人、大感動。

その後、素晴らしいタイミングで
原恵一監督(クレしんオトナ帝国、センゴク大合戦)の初単独作品
カッパを探しに少年が遠野に一人旅する『河童のクゥと夏休み』視聴。




そして決意。

夏、遠野。初めての一人旅・・・!!! カッパァアア!!!





8月26日(木)午後

この日発売のstrong world DVDも、朝5時から何度か見終わって
「人生アクティブに!!!」と振り切ったテンションで、電車にライドオン。
下調べも宿泊先の予約も一切無し。わくわくする。

4時間半かけて、遠野駅に到着しました。
ちょうど『遠野物語』発刊から百周年だったそうです。
さすがに『遠野物語』くらいは読んでくればよかったなあ・・・と
後悔したので、駅で購入しました。

駅前の池。水張ってない。
張ったら本物が来て大騒ぎになってしまうので、仕方がないのです。



怖えええええええええ!!!

でも個人的には、漫画っぽいキャラクターちっくな河童より
芥川龍之介が水墨画で描いたような、痩せたリアルな河童の方が好きなので
むしろ全く構わないのです。UMAですしね。実際は想像よりキモいものです。
「水虎晩帰之図」


もう夕方だったので、駅前ぶらぶら歩いて、最初に見つけた旅館にお邪魔しました。
夜はビール片手に『遠野物語』を読みつつ就寝。




8月27日朝5時起床


ニワトリ
飼ってるなら
事前に言って





朝ご飯美味しかったです。
せっかく早起きできたので、早速駅の横にある「観光案内所」へ。

kappa07.gif
ゴロ「カッパ関係の場所を回りたいんですが・・・」

案内所の方「車ですか?自転車ですか?」
ゴ「レンタルサイクリングをお借りして、1日回りたいです。」
案「では、こちらのMAPの此処、此処、それから体力自信ありましたら云々~」

観光案内所って便利ですね。
人生で初めてこんなに有意義に使わせていただきました。
 というわけでコースが決まったので
 自転車(一時間100円)を借りて。いざ!
 車か原付で回ってもよかったですが
 ここはやはり夏休み。
 汗だくになって田んぼの中風を切ってこそ。
 往復で30km程ですが、まあなんとかなる!


さて・・・ここで、早くも失敗談なんですが
管理人は"カッパ捕獲許可証"を、市役所で取るものと思っていまして
「カッパ淵の前にまずは許可書!!!」と、意気揚々と
自転車を飛ばし、市役所観光課に出向きました。

しかし、本当は先ほどコース説明をしてもらった観光案内所が
"カッパ捕獲許可証"の発行場だったわけです。

ゴロ「すみません。カッパ捕獲許可証を取得したいのですが」(真顔)
市役所観光課窓口年輩のおっさん
「それでしたら遠野駅の隣にあります観光案内所の方で発行しておりますので
 そちらの方で必要書類に記入し、申請してください」(真顔)
ゴロ「あ、すみません。ありがとうございます」(しくじった顔)
市役所「いいえ。お暑いのでお気をつけて」(真顔)

遠野
いいわ~



その後もう一回観光案内所へ。
ゴ「すみません!カッパ淵に行くなら先に許可証必要ですよね(キリッ」
案「あ、そうですね~」

さて、このカッパ捕獲許可証。
本来は、10年かけて単位を取得し、実際にカッパに出会って仲良くなる実践、
→カッパの世界への留学、帰ってきてから論文の提出と
結構時間がかかるものなんですが

今回は遠方からきたということで、特別に発行していただきました。
顔写真なしverが、発行料200円。
顔写真入りverが、900円でその場で写真を取ってもらい、のち自宅に郵送。
万一カッパを見かけた場合、捕獲できなくては困るので
両方発行してもらい、簡易版を持って、今度こそカッパ淵へ!!

天候にも恵まれぬけるような青空、30℃越えの炎天下、河童淵まで8km


キツネの関所、伝承園やたかむろ水光園等に立ち寄って
汗だくになって自転車をこぎ、午前10時頃、とうとう念願のカッパ淵へ到着。







焼けるような日差しの中、そこだけひっそりと涼しく
底の浅い綺麗でゆったりとした川が流れていました。
静謐。悠久・・・ふはあ
クリックで拡大



川のそばには、2代目の『カッパ淵の守っ人(まぶりっと)』
運萬治男(うんまんはるお)さんという方が常駐しておられます。

色々お話をしてるうち、名刺を戴くことができました。
裏面はカッパ捕獲許可証となっています。
観光案内所でもらえる許可証は、有効期限が年度末までですが
守り人から戴いた許可証は、なんと有効期限が無し!これは嬉しい!!



そのまま裸足になって足を川に突っ込んで涼をとり、のんびり2時間くらい
スケッチしたり、民宿で握ってもらったおにぎりを食べたりしました。

観光客が結構な頻度で来て、
守り人のおじちゃんがそのたびガイドして笑いを取るのが聞こえたり
きゅうりを釣竿に垂らして、カッパ釣りをする人もいました。

カッパは勿論いた。
そろそろ帰るかな~という時に、やっと出てくれました。
警戒心を解くのに時間がかかりましたが(野良猫より気難しい)
敵意が無いことを分かってもらい、
キュウリを手ずから食べてもらうことに成功。一片の悔い無し!!



その他、さらに汗でデロデロになりながら
遠野ふるさと村、福泉寺、とおの昔話村、博物館などお邪魔しました。

~おまけその他岩手探索いろいろ~





郵便局までカッパ。


遠野、本当にいい処でした。
また行きたい。



なにより素晴らしかったのが
レンタル自転車(目立つ色)に乗って、地図片手に道に迷って立ち往生していると
必ず通りすがりのおじいちゃん、おばあちゃんが
「どこから来たんだ」「どこに行くんだ」と声をかけてきてくれて
丁寧に道案内+遠野の歴史を大なり小なり語ってから、送り出してくれたこと。
そういう方に3人はお会いしました。

遠野から出て、帰り1日盛岡市を歩いた時も
盛岡城跡でデジカメ片手にぶらぶらしてると、草刈してたじいちゃんが
麦茶を薦めてくださり、城の歴史から「岩手県」の語源まで語ってくれました。
どうなってるんですか岩手は!!!!

いい旅、夢気分の遠野カッパ旅行徒然でした。
どんどはれ。



17:17 日記

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosenabehittosan.blog119.fc2.com/tb.php/871-cda24b79

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。