2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2010.11.24 (Wed)

ルフィとロジャーの共通点ならびに"海賊王"についての考察


ジャンフェスのクリアファイルルルルr
拍手コメントありがとうございます!
>11月19日に放送された木村拓哉さんのラジオについて
>1ご自分の誕生日について話しており、明石家さんまさんからのお祝いメールで
>「ゾロへ、3日遅れだけど誕生日おめでとう。鷹の目より」と書かれてあった
>このメールについて木村さんは
>「つまり鷹の目のミホークになりきって、俺にメールを送ってきたわけですよ」と発言。


さんまさん!!なぜミホークになられたし!!!!(爆)
スゲー。スゲーです。さんまさん・・・まさかのミホーク。


そういえば先日、「ゾロとミホークの修業の日々が見たい」という話になりました。
ふさがった目には、何やらドジっ子ぶりを発揮したエピソードが隠されてそうですね。
あ、ゾロ的にはシリアスな理由の傷は却下です。
やはりミホークを怒らせたんでしょうか。
滑って転んでうっかり切ったby自分ってのもアリ?
ミホークは2年も辛抱強くゾロにつきあったのかな…偉いなあミホーク。
そこらへん読みたいです。ミホークとゾロの泣き笑い劇場。
泣いてるのは多分ほぼミホーク。

追記に、ごちゃごちゃ書いてるよ!

【More・・・】


ルフィとロジャーの共通点ならびに"海賊王"についての考察


【目的】 
1.目的 
 現段階(2010年11月24日)考えられるONEPIECE世界における主人公モンキー・D・ルフィが、ロジャーに似ているとされる点を挙げ、取り巻く状況、人間関係、および今後の展開を予想にする。

【用いた方法】
2.1.用いた方法
 今回は主に管理人の脳内妄想を用いた。
2.2.方法の精度管理
 2.1.の方法のみでは、管理人の信者目線が強いため、正確さ欠けると思われる。そこで第三者のブッチャを招聘し、原作の世界観に準拠できるよう配慮した。

【与えられたデータならびに結果】
3.1.新しく判明した点 
 ONEPIECE第603話"心に留めておけ"により、ロジャーは麦わら帽子をかぶっていたことが判明した。
3.2.これまで与えられたデータ
 (1)クロッカス「あいつらは我々が待ち望んだ海賊達だろうか…なあロジャーよ」
 (2)ガンフォール「似た空気を感じてならぬ」
 (3)ココロばーさん「ロジャーの奴もこんなバカ野郎だったね・・・」
 (4)シャンクス「ロジャー船長と同じ事を言うガキがいたんだ 船長のあの言葉を…!」
 (5)同じ"D"のミドルネームを持つ。しかし同じミドルネームを持つものは数人確認されており、また白ひげの発言によると、Dを持つものでも素質の有無が別れる。その"素質"自体詳細は不明である。
 (6)これまで表舞台から退いてきたロジャーの相棒、シルバーズ・レイリーの並々ならぬルフィへの協力。(海軍大将から逃がす、アマゾン・リリーまで泳いで会いに行く、2年間修業つけることを自ら申し出る)シャボンディの船出のシーンでは、ルフィが次期海賊王になると確信している言動が見受けられる。
3.3.結果
 以上の点から、ロジャーに関わった人物の多くが、ルフィとロジャーに似た印象を持っていることがわかった。(ただしバギーを除く。アホだから問題はない。)
 レイリーの他に、ロジャーと交流があり存命中の人物としてガープ、センゴクが挙げられる。特にガープは妻と子どもを託されるなど、付き合いも深かったと推測されるが、ルフィが実の孫であるためか、ロジャーとルフィを重ねる様子は見受けられない。「あなたのお孫さん、そっくりですよね?」と訊いてみたいものである。

【考察】
4.1.考察Ⅰシャンクスの意志 
 これまで蓄積されたデータならびに新しい判明点より、シャンクスはルフィに麦わら帽子をたくす際、シャンクスとルフィとの再会の約束としてのアイテムのみでなく、海賊王ゴール・D・ロジャーが麦わら帽子をかぶっていたことを回帰し、"海賊王になる者"としてルフィを認めたことが考えられる。
4.2.考察Ⅱ白ひげの意志
 白ひげも、ロジャーが麦わらをかぶってた事実を知っている可能性がある。
 4.2.1根拠1:年齢が近いため若き日のロジャーを見た可能性がある。
 4.2.2根拠2:エースを助けるために奔走するルフィの姿をみて、「麦わらのルフィを全力で援護しろ!」と最終局面で叫ぶ姿が見られた。さらに、第576話の発言の数々から、ルフィに"次期海賊王の素質"を見出している様子が見受けられる。
  「あの宝を誰かが見つけたとき・・・世界はひっくり返るのさ…!!
   誰かが見つけ出す、その日は必ず来る・・・」等
 また、ルフィ本人を見て、シャンクスの「新しい時代に懸けてきた」の意を酌み取ったことも考えれる。熱い…!!!
 4.2.3.ルフィとロジャーがなぜ似ているのか
 当初は血縁(3親等程度)などが考えられたが(祖父と孫等)、ルフィの父と祖父の出現、ロジャーの息子の存在、ロジャーの死亡年数などを考慮すると、それらの可能性は薄い。
 しかし一方ではハグワール・D・サウロの「Dはうちらの一族にみんなついている」発言、ルフィが3代続いてDのミドルネームを持つことなどを考慮して、遠い親戚などの可能性は考えられる。
 さらにDについて、空白の歴史に存在したとされる王国に起因するものと考えられるが、現在それを裏付けるデータが未発表なため、想像に留まる。

【結論】
5.結論
 ルフィスゲー!!!!!!!!海賊王スゲー!!!!!
 さらにロジャーよりもっともっとすごいことになる!!!
 海賊王におれはなる!!!!!!!!!!!(レイリー泣く)

【今後の展望】
6.1.ロジャーとルフィそれぞれの功績
 現在のONEPIECE世界全体をみると、ロジャーが受け継ごうとした意志ならびに、故意的に残した課題が随所に見受けられる。
<ロジャーがやったこと>
・空島で黄金の鐘を見つける(文字を刻むにとどまる)
<ルフィ一行が行ったこと>
・黄金の鐘を見つけ、さらに
  1:スカイピアの人とシャンドラの人達、和解
  2:ノーランドとカルガラの子孫の意思疎通
<ロジャーがやったこと>
・リオ・ポーネグリフを導き、真の歴史を知る
<ルフィ一行に期待されること>
・歴史を暴いて、世の中ひっくり返す
6.2.各地での解決すべき課題
 また、天竜人の権力の暴走、魚人島の人権問題、各国の荒廃(ロジャー処刑時の発言が起因のものも含む)など、全世界に解決が望まれる重要な課題も多い。これまでルフィ一行は行く先々で人々に"笑顔"をもたらした功績を鑑みれば、こうした問題もストーリーの終末に向けて、解決されていくと予想され、またこれらは麦わらの一味のみでなく、革命軍の行動が今後重要と思われる。
6.3.ロジャーとルフィの酷似についての謎
 3.3.の結果、4.2.3.の考察より、ルフィとロジャーがなぜこれほどまでに似ているのか、Dと真の歴史の真相とともに明らかにされることを望む。

 以上を踏まえ、今後もONEPIECEの予後観察が必要不可欠である。


【引用文献】
1.尾田栄一郎,1997~2010年,ONEPIECE1~60巻,集英社
2.尾田栄一郎,2010,ONEPIECE第603話"心に留めておけ",週刊少年ジャンプ,43(45)


(関連文献)
・バーソロミュー・くまの行動についての考察
・クロコダイルが仲間になれば良いのにという提案とそれを受けての課題
・コーティング船での海中航行におけるヒヤリハットを防ぐ~バカの行動を事前に防ぐ~
・サンジの現在見えている右目は本当に右目か

ISSN 折りたたまれています
ISBN 折りたたまれています
CODEN 折りたたまれています
資料種別:資料内容種別名 :Article
資料種別:資料形態コード :print
発行国 :Japan
言語 :Japanese
原文複写申込 :
管理人にジャヌフェスタONEPECEステージの観覧券をお送りください。
追って各論文、発送いたします。
代金は到着後2週間以内にグランドライン銀行に振込ください。

23:15 日記

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosenabehittosan.blog119.fc2.com/tb.php/922-ea576e7c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。