2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2011.03.19 (Sat)

『麦わらチェイス』観てきました!+ジャンプ入荷の奇跡!

映画、観てきました!
「3Dえぇー?」と思ってましたが、面白かった、面白かったです!!



2回観て帰ってきました。KI・MA・SHI・TA
トリコ40分、ワンピ30分という短時間でしたが、いやー!
や・・・、ゴムゴムの能力がこんなに3D映画に適していたとは。
適していたとは!!!

地震の影響でパンフレットと入場特典は後日到着とのことで
その時もまた観てきます、3DONEPIECE!!

追記に麦わらチェイスネタバレ感想です。

【More・・・】

ウソップの
パジャマ
欲しい。



弱いんですよ・・・昔から。
あの帽子+ネグリジェの寝巻きセット!!!

OPのウェザリアの。魔法使いのじーちゃん達がきてるような、
ちょっと古い外国の絵本で、じーちゃんやおっさんや子ども寝るとき
着てそうなあのセット!!!
スペーススペーススペース↓こういうの


いいなあ・・・あれいいなあ。売ってください!!


・ストーリー!!

一番危惧していたのがストーリーなんですが
初期映画のような感動系の"泣かせモノ"になっておらず
(作りが上手いのでしたら、感動展開でもいいのですが
 ワンピキャラはどうしても尾田先生がキャラクター動かさない限り
 ただクサいベタな展開になりやすく、
 ハイクオリティな内容に仕上げるのが難しい感じがするので)


しかししかし今回、ちょっとよかったね!ホロリ。なシーンも含みつつ
演出がさらっとしてて。
うまい!!!
うまい!!!

エンターテイメント丸出し、むき出し!30分!!!

トリコが40分、ワンピが30分というのは
今回『オトナファミ4月号』のプロデューサーインタビューで
語られていたのですが
今回の映画は、春からアニメが始まるトリコがメインで
そのスペシャルサポーターとしてONEPIECEに牽引してもらった
という構成なのだそうです。友情出演!!


最初、ワンピース30分と聞いたときは
さすがに「えええええええ短っ!アニメか!」と思ったんですが
いやはや、本編を見てみると
あれ?
本当に30分だったんでしょうか?
なんて濃い!楽しい・・・


1997年33号で島袋先生の「たけし」連載、34号で「ONEPIECE」連載。
私生活でも特に仲がよいとのことで・・・
本当に両先生にとっても素晴らしい、
喜ばしい企画だったんだろうなあと思います。祝!!!





出だし!!!

街の様子がスゲー!!!綺麗で!雰囲気あって。
これを例に出すのは、さすがにあれなんですが
昨年のディズニー映画「クリスマス・キャロル」の
夜の街を一瞬思い出しました。


夜の街をさまよう、じーちゃん(シュナイダー)と犬(バズ)。

も~!!これがまた、
どちらもくたびれてて怪しい夜の街の雰囲気とあいまってて
なんっともいい感じなんです。



しかもぐっさん3役!
すっかり忘れてて、スタッフロール見て気付きました。
すんごい声優上手い・・・ぐっさん!
普通にプロの声優さんと思って見てました。
(あと、トリコの桃井かおりさんも、
「どっかで聞いた声だなー」と思ってて最後に気付きました)



そして、2回目に観てる時に気付いたんですが
正しくは、1回目でストーリーを分かったからこそ注視してたんですが
麦わらのルフィの手配書をはりながら話し込む海軍の後ろで、
シュナイダーがバズに何かを話しかけて、バズが頷いている。

「それが、あれか!!!」となる!

こんな感じで1回ストーリーを把握した上で「おお!!」と
2回目に気付く点が数多の、スルメ映画。

ゾロも途中から妙に出てこなくて、船底で寝てんのか?
と思ってたら!!!
オオオオオオオオオ!テンションあがるあの登場!!!!
それで2回目見直して
「あー!やっぱりあの時からずっといない!(笑)」と楽しめたり
チョッパーの病室に、そげキングのサイン色紙が飾ってあるのも
2回目に落ち着いて観れたからこそ気づけました


サニー号朝の、ルフィが「ない!!ない!!」と
帽子を探し回る様子は
ずっと観てたいぐらい無性に楽しい!!!スカパラBGM大活躍!
ブルックが遅れて朝食取る食卓をひっ繰り返し、
書斎を走り回り本をかきだして
無言でそれを手を生やしてキャッチする読書中のロビン。
ウソップとフランキーの工場をめちゃくちゃにし
ナミの湯船をザバザバかきあげ!
最後に、樽とバーベル何個積んでんだよ!状態のゾリの
腕立て伏せ大崩壊して、船内の麦わらチェイス完了!
もー!!!
ここまでの一連のバタバタが
サニー号の内部探索みたいで、これまた楽しい。


アクション!!!!

こんなにONEPIECEの映画って
3Dに向いてたんだ!!!と目から鱗が落ちるくらい。

岩場をびゅんびゅん飛び回るルフィ!!!
それなんてスパイダーマン!?
空中を自由自在に
海軍の放った弾丸に捕まって、遠距離ゴムゴムのロケット!
大鷲に捕まって海王類の間をすり抜けるのも。
大鷲とバトルを繰り広げるシーンも!
海軍に海楼石の檻をかぶせられるシーン、
ゾリの斬撃、巨人の凄まじい攻撃、
3D映画って、楽しい!!!

トイストーリー3や他の映画を観て
「内容が素晴らしい映画はむしろ3Dじゃない方がいい」
と思っている一方、
3Dだからこそ楽しめる映画、というのも
「ヒックとドラゴン」(こちらも3D大正解だったと思った1本)以来
やっぱり3D観賞用として造られた映画は
3Dならではの思いっきりの興奮と楽しさがあると、改めて思いました。

ん~~!!!
巨人とのバトル、面白かった!
飛びまくるルフィが楽しかった。
手の平に今にも乗りそうな、ひらひらと舞う麦わら
劇場で自分含めて何人も、思わず手を上げてました。


勿論、どんなに3Dが楽しくても
ストーリーが良くなかったら、全然楽しめないわけで
そこのところも、

テンポよく、ちょっとホロリな展開あれど
さらっと、それでいて
「よしよし!じいさんも犬も!よかったなー!!!」という
『ここ!ここ泣くとこですよ!!』みたいな押し売り的な表現になっておらず
演出が上手い方で、本当によかったと思います。

ルフィと一緒に檻に囚われたバズが
帽子を必死に奪い返そうとするルフィをみて。
"ルフィが麦わらにかける思い"を理解した
そこの演出がさらりとしている。
それがいい!!!

あそこでもし感動的、悲壮的なBGMを派手に流され
”悲劇のルフィ”演出を過多にされ
バズの気付きが、あとちょっとでもオーバーだったら
ただの臭いシーンになっていた。そうじゃなかったのが、いい!

その後、ルフィが海軍全員ぶっ飛ばして
帽子をおってギガントピストルの反動で空中に飛んでいく。
それを見て、視線だけで会話するシュナイダーとバズ。

「けじめつけて助けてくるわ」
「行って来い」


そんなセリフが聴こえてきそうで
敢えて、直接表現しないで爽やかに、重たすぎず。
暖かくスピーディーにまとまったラスト!


深く考えて期待してなくてその分、本当に!
すごいスタッフ頑張って作ってくれた・・・!!!
SWの大ヒットを受けて、どれほど重責だったことか。

SW以外の映画でこれまでちょっと首をひねるような
キャラの特徴のゴリ押し
「すぐ怒るナミ」「解説要員のロビン」「ゾロとサンジの無駄な喧嘩」
そういうのも全然なくって、ワンピースの麦わら一味まんまで
楽しかったです。


「帽子似合ってるぞー!!!」

「当たり前だー!!!」





うん!!!!
もう1回!!!!
観に行ってきます!!!



そしてスタッフロールも最後までっっ!
ONEPIECE麦わらチェイスセンキウ!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!

麦わら似合ってるぞーーーーー!!!!!!!!!

ウソップの
パジャマ
欲しい!!!!!!!



05:26 ワンピ映画情報

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosenabehittosan.blog119.fc2.com/tb.php/982-160f745b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。