2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2011.03.22 (Tue)

ワンピースファン主催の海外チャリティイベントで250万集金

3/14の記事で紹介させていただいたGregさん主催の
[アメリカのアニメ声優、業界関係者、ファン達が集い、
東北地方太平洋沖地震被災者のための寄付を募るポッドキャスト番組]
企画第1弾で250万の募金が集まったことが、ニュースになりました。



Gregさんより
「ルフィさんの声優さんも参加します!
 みんな英語版ですけど、ブリーチ、ナルト、エヴァンゲリオン、
 COWBOY BEBOP、ゲームのDevil May Cry,などなど
 主役の声優さんは参加してくれることになりました。
 あっ!もちろんワンピースの主役にイントロを頼みました。」


・チャリティー特設サイト"Anime Fans Give Back to Japan" 
・チャリティーイベントについて(日本語)
・Greg WernerさんのHP"The Grand Line" twitter 

1個人の呼びかけに、プロの声優さんが集まりチャリティーイベント。
アメリカの有事の際の、境界の無い活動のすごさを感じます。
Gregファイトー!!!たくさんの人にありがとうを!!!

【More・・・】

アメリカ人英語教師による24時間チャリティ
ポッドキャストラジオ放送が大成功

http://www.nj.com/news/index.ssf/2011/03/independence_man_rallies_fans.html

NJ.com By Aliza Appelbaum/The Star-Ledger
グレッグ・ワーナー率いる海賊の一味が総額252万円 (総勢593名による寄付)の寄付金の収集に成功した。
グレッグ・ワーナー(27)は"ワンピース"の大ファンで、自身でワンピースのポッドキャスト放送を行っているほどの男だ。

東北地方太平洋沖地震の悲報を受け、彼はアニメ・漫画のポッドキャストを持つ仲間達と連絡を取り自分たちが持つポッドキャスト放送を使って寄付金を集めることを考えた。
そして彼らは自分達の番組をリレーして24時間のチャリティ・ポッドキャスト放送を行うことを決断し、今週の土曜から日曜にかけて見事やりきった。寄付金はインターネット経由のクレジットカード決済で受け付けたが、なんと目標額の202万円を大きく上回る252万円の寄付金が集まった。
"この企画を発表すると、すぐに国境を越えて多くのアニメファンから手があがった。
僕はこのことを誇りに思うよ。"これは先週にグレッグ・ワーナーから届いたメールだ。

27歳のグレッグ・ワーナーは小さな頃から日本文化に強い関心を抱き、わずか7歳のときから日本語を学ぶようになりそれは大学生になるまで続いた。日本で英語教師となり5年目となる今は、妻のはるかさんと福井県に住み、大野東高校で英語を教えている。
グレッグの母親のゲイル・ワーナーに話を伺うと、彼が今回のような活動を行ったことに何も驚きは無いそうだ。彼ならこのようなことを決断してくれると信じていたという。

ワンピースは1997年から開始されたコミック。昨今は計61巻で累計2億万部を売り上げ、日本の販売記録を次々と塗り替えた国民的コミックだ。グレッグ・ワーナーは言う。
"ワンピースのメインテーマは友情だ。僕はこのワンピースから教わった友情を、
今度は世界のみんなで友達の日本に示したいと思ったんだ。"


12:47 ワンピニュース

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yosenabehittosan.blog119.fc2.com/tb.php/983-ed9349f5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。